仮想通貨の秘密鍵やウォレットのアドレスを紙に印刷する「ペーパーウォレット」
このペーパーウォレットで有名なのは「bitaddress.org」

無料で作成することができるので、長期にわたって仮想通貨を保有(ガチホ)するならペーパーウォレットを利用するのがいいでしょう。

では、ペーパーウォレット「bitaddress.org」の作り方です。

■STEP-1 bitaddress.org のZIPファイルをダウンロード■

下記URLをクリックしてbitaddress.org のZIPファイルをダウンロードします。
https://github.com/pointbiz/bitaddress.org/archive/master.zip

(クリックするとダウンロードが始まります)



■STEP-2 インターネット接続を遮断■

これがペーパーウォレット作成の「肝」。
LANケーブルを抜き、Wi-Fi接続も切断します。


■STEP-3 Zipファイルを展開■

ダウンロードしたZipファイルに入っている「bitaddress.org-master」を展開し、「bitaddress.org.html」をクリック


■STEP-4 ビットコインアドレスと秘密鍵を生成■

入力欄にランダムな文字を入力するか、100%になるまで画面上でマウスを動かしまくります。




すると、ペーパーウォレット用のビットコインアドレスとプライベートキー(秘密鍵)が生成されます。



右側の青い部分がビットコインアドレス(公開鍵)
左の赤い部分が誰にも見せちゃいけないプライベートキー(秘密鍵)になっています。


■STEP-5 ペーパーウォレットの印刷■

プライベートキー(秘密鍵)の上にある「Print」をクリックして印刷します。

この時に使うプリンターはLANケーブルでパソコンに接続できるタイプにすること。

Wi-Fiを使うとハッキングされて情報を抜かれる危険があるからです。
そのため、コンビニで利用できるネットプリントも使わないように・・・


デザインにこだわらないなら、ペーパーウォレットの作り方は以上です。


■STEP-6 デザインにこだわったペーパーウォレットの印刷■

上部のタブ「Paper Wallet」をクリックすると印刷用のページが出てきます。
「BIP 38」で暗号化しないなら「Print]をクリック



「BIP38」で暗号化するならパスフレーズを入れて二段階認証を設定します。
BIP38を設定すれば紙を盗まれてもパスフレーズがないと入出金できないのでより安全ですが、パスフレーズを忘れると入出金ができなくなります。



全てが完了してからインターネット接続を元に戻します。

 

 


※ 当サイトで使用している「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します。
 

 

専業トレーダークラスで仮想通貨の値動き予測ができるインジケーター

 

【このサイトの管理人】

​​

最初は「仮想通貨なんて胡散臭いw」と思ってたけど、今ではすっかり市民権を得た仮想通貨をみて慌てて仮想通貨の勉強をしながら取引もしています。

勉強しながらの取引なので「失敗」することもあります。価値が上がるから・・・と勧められ義理で購入したもののサッパリ無価値の仮想通貨をつかまされたこともあります。

そんな失敗やそこから得た教訓・情報をまとめたら誰かの役に立つかな?そんな思いでこのサイトを立ち上げました。

 

参考になればうれしいです

 

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

 

 

 

 

 

© 2021 仮想通貨 初心者 rss