仮想通貨の投資を行うときは事前に準備をしておくことが大事です。
正しい準備をしておけば、仮想通貨の投資や取引を安全に行っていけます。

仮想通貨の取引前にどんな準備をしておけばいいのかをまとめてみました。


■複数の取引所に口座を開設

まずは仮想通貨の取引所に口座を開設します。
口座開設は無料でできます。

どんな種類の投資でもリスクはつきものです。
リスクを避けることはできません。

だからこそ、リスクをより小さくする努力は必要です。
その一つの方法が「複数の取引所に口座開設」してリスク分散すること。

口座の開設費用は無料なので3つほど口座を持っておくと安心です。



そのほか、仮想通貨の管理を任せておいた取引所がハッキング被害にあったり倒産したりするリスクがあります。
また、取引所自体が不正を働くリスクも"無きにしも非ず"です。

そのようなリスクに備えたいならウォレットを作成しておき、自分の手元に仮想通貨を保管しておけばいいです。
購入した仮想通貨を自身のウォレットに移動しておけば安心です。


■情報収集をしっかりとする

仮想通貨は価格変動が大きい投資対象なので最新の情報を仕入れることがキーポイントです。
できるだけ早く正確な情報を入手しておくと取引を有利に進められます。

そのため、取引前の準備として信頼できる情報源を探しておきたいです。
海外の新聞社や通信社のサイトのほか、仮想通貨の専門家のSNSなど、初心者が理解できるように分かりやすく解説しているサイトやコラムがあるので参考にできます。

注意したいのは、詐欺的な情報源や誤った情報が流されることがある点です。
その対策としては、できるだけアクセス数が多いサイトや、大手の企業が運営しているサイトを活用することです。


■税金や法律のことを知っておく

仮想通貨の取引前の準備として、税金や法律について知っておくことも大切です。

知っておきたいのは仮想通貨にも「所得税」が発生するという点です。
一方、譲渡所得や雑所得として申告しなければいけないケースがあるので事前に専門家へ確認しておくと安心です。

また、法律(改正資金決済法)によって仮想通貨の取引所が「登録制」になっている点も覚えておきたいです。
取引所を選ぶときはキチンと登録がなされているかどうかを確認して下さい。

登録がされている取引所だと、監査や顧客資産などの法律を順守しているので安心して投資や取引ができます。

 

 


※ 当サイトで使用している「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します。
 

 

専業トレーダークラスで仮想通貨の値動き予測ができるインジケーター

 

【このサイトの管理人】

​​

最初は「仮想通貨なんて胡散臭いw」と思ってたけど、今ではすっかり市民権を得た仮想通貨をみて慌てて仮想通貨の勉強をしながら取引もしています。

勉強しながらの取引なので「失敗」することもあります。価値が上がるから・・・と勧められ義理で購入したもののサッパリ無価値の仮想通貨をつかまされたこともあります。

そんな失敗やそこから得た教訓・情報をまとめたら誰かの役に立つかな?そんな思いでこのサイトを立ち上げました。

 

参考になればうれしいです

 

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

 

 

 

 

 

© 2021 仮想通貨 初心者 rss