Ledger Nano S(レジャーナノエス)
Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

 

■ 一般的な初期設定方法 ■

  1. 購入したハードウェアウォレット本体の付属の専用ケーブルを使ってパソコンに接続
  2. PINコード(いわゆる暗証番号)を設定
  3. リカバリーフレーズを書き留める。

 

  • この段階で重要な作業は「リカバリーフレーズ」を書き留めること。
  • リカバリーフレーズとは、端末の故障や紛失した時にウォレットを復元するための「パスワード」。
  • 転載ミスがあると復元できなくなるので正確にメモを取って大切に保管すること。



■ ハードウェアウォレットに仮想通貨を保管 ■

  1. 利用するハードウェアウォレットに対応しているアプリをパソコンへダウンロードして本体と同期
  2. 送金元のウォレットでアプリに表示されるハードウェアウォレットのアドレスを読み取る
  3. 金額を入力して送金



■ ハードウェアウォレットに保管している仮想通貨を取り出す ■

  1. パソコンにインストールしているアプリから、送信先の「アドレス・金額・手数料」を入力して送金指示を出す。
  2. アプリからハードウェアウォレットへ送金指示が届き、ハードウェアウォレット本体のディスプレイに内容が表示される。
  3. 内容を確認し間違いがなければ、ハードウェアウォレット本体から実行指示を出す。



■ おすすめのハードウェアウォレット ■

仮想通貨の初心者におすすめのハードウェアウォレットは「Ledger NanoS(レジャーナノエス)」です。

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

理由は

  • 日本語サポートが充実している
  • 日本で購入しやすい
  • 対応通貨の種類が多い

からです。


なお、このLedger NanoS(レジャーナノエス)に限らず、ハードウェアウォレットは必ず公式サイトか正規代理店で購入しましょう。

  • 中古品
  • 開封の形跡アリ
  • 初期設定済
  • PINコードが指定済

このような項目に一つでも該当するハードウェアウォレットだと、不正プログラムが仕込まれている危険性があるからです。
 

 

※ Ledger NanoS(レジャーナノエス)の公式サイトは公式サイトはコチラ>>
※ Ledger NanoS(レジャーナノエス)の使い方はコチラ>>

 

 


※ 当サイトで使用している「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します。
 

 

 

【このサイトの管理人】

​​

最初は「仮想通貨なんて胡散臭いw」と思ってたけど、今ではすっかり市民権を得た仮想通貨をみて慌てて仮想通貨の勉強をしながら取引もしています。

勉強しながらの取引なので「失敗」することもあります。価値が上がるから・・・と勧められ義理で購入したもののサッパリ無価値の仮想通貨をつかまされたこともあります。

そんな失敗やそこから得た教訓・情報をまとめたら誰かの役に立つかな?そんな思いでこのサイトを立ち上げました。

 

参考になればうれしいです

 

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

 

 

 

 

 

© 2021 仮想通貨 初心者 rss